FC2ブログ

マイルCS 最終結論


皆さん、こんばんは。

先週もまた無事に的中。
とは言っても△3頭のボックス馬券でのタナボタ的な的中だったので偉そうには言えませんが、まあ当たったので良しとします。
秋競馬に入ってから毎週的中を続けていて絶好調なので、明日もしっかり当てたいと思います。

今週はマイルチャンピオンシップ。
土曜の馬場が意外と時計が掛かっていたので、これなら時計の足りない馬にもチャンスが出そうで、展開次第ではもしかしたら荒れるかもしれないと思い、7頭ボックスで大穴に抜けてくれるのを期待したいと思います。

それでは明日の予想の印と買い目を簡単に。


【マイルCS】

◎ 14 ダノンプレミアム
○  1 ダノンキングリー
▲  9 クリノガウディー
△  2 グァンチャーレ
△  3 マイスタイル
△ 15 ダイアトニック 
△  7 ペルシアンナイト

三連複:7頭ボックス
1・2・3・7・9・14・15

(キルトクール馬) 5 インディチャンプ


インディチャンプは怖いのですが、一瞬の脚しか使えない馬なので仕掛けどころが難しく、4着に消えてくれないかなというのが本音。
来てしまったらさすが安田記念の勝ち馬だなと諦めます。

あと大外のルメール騎手のレイエンダ。
外枠がどうかなとの思いもあって切りましたが、上手く乗れば際どいところまで持ってきそうで、この馬が来たらさすがルメール騎手は上手いなと諦めます。


どうか皆さんが当たりますように!


いつもランキングへのクリック協力ありがとうございます。
どうか1日1回、左のランキングバナー4つ(もしくは下のランキングバナー4つ)へのクリックのご協力をお願いいたします。
ランキング上昇がブログ継続のモチベーションになっています。


にほんブログ村

にほんブログ村

中央競馬 ブログランキングへ



●最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
今後とも皆さんの応援に応えられるよう一生懸命頑張ってまいりますので、引き続き末永くご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト



comment

Secret

マイルチャンピオンシップ

おはようございます。
もうそろそろG1も当てないといけないですね。
京都の回収率が少し悪いので今日はがんばります。

マイルチャンピオンシップは最近4年は馬券圏内に外国人騎手が2人入るほどこの時期に来る外国人騎手のレベルは高いようです。

さて、今年はメンバーを見てダノンの2頭が強いと思うのですが穴馬は来るでしょうか?

レース適性はプレミアムの方が淀のマイル向きでしょう。
このレースはディープ産駒が強く、ノーザンダンサーの血を持つことも大切な要素です。
ますますダノンの両馬には重い印が必要でしょう。
またリピーターの多いレースでもあるのでペルシアンナイトやモズアスコットも押さえたいです。

外国人騎手が騎乗するプリモシーン・アルアイン・ダイアトニック・レイエンダあたりも候補です。

特に素質馬レイエンダは藤沢厩舎*ルメールでもあり初ブリンカーの外枠も不気味です。

インディチャンプはこのレース向きではないと思うので人気なので無印にします。

先行有利のレースなので、穴はインを突ける差し馬が気になりますが・・・・・・。



◎ 14 ダノンプレミアム
○ 12 モズアスコット
▲ 01 ダノンキングリー
☆ 17 レイエンダ
△ 07 ペルシアンナイト
△ 08 プリモシーン
△ 15 ダイアトニック
△ 10 アルアイン


◆ 3連単フォーメーション
1着→14
2着→12・01・17・07
3着→12・01・17・07・08・15・10

◆ 3連複フォーメーション
1頭目→14
2頭目→12・01・17・07
3頭目→12・01・17・07・08・15・10



プロフィール
ブログにお越しいただきまして、本当にありがとうございます。どうかゆっくりして楽しんで行って下されば幸いです(^^)

ぷりん

Author:ぷりん
競馬と株でお金持ちになるのが夢です。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキング
FC2ブログランキング
中央競馬予想1
人気ブログランキングの中央競馬予想です。
中央競馬予想2
にほんブログ村ランキングの中央競馬予想です
カテゴリ
月別アーカイブ
通算来訪者数
2015年10月18日開設
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク